FC2ブログ

「イチゴ狩&農業体験」報告

見事な五月晴れの13日(日)、会員限定で「イチゴ狩&農業体験」を開催、21名の参加がありました。
畑は小林農園さんの提供。事前に鶏糞(窒素・リン酸・カリを含む即効性の肥料)を施肥し、黒ビニールマルチ(草が生えるのを防ぐ)を張っておきました。サツマイモのツル200本、サトイモ30個、綿の種約700粒を植えました。
070513d.jpg

農家の指導を受け、親子の協働作業です。ツルを植え付ける子、ビニールマルチに植え付けの穴を開けていく子、ビニールマルチが風に飛ばされないようにクイを打ちつける子・・・なかには赤ちゃんの子守をする子もいたりして・・・「サツマイモってこんなツルで植えるなんて知らなかったなぁ」ツルがビニールマルチで日焼けするのを防ぐためワラも敷きました。
「サトイモはスーパーで売ってる小芋と同じようなのを植えるの?へぇ横にして寝かせるように植えるんだ」「綿の種は、毛がついてて虫みたいでちょっと気持ち悪いなぁ」約1時間あまりも休憩なして農作業を頑張りました!!
070513h.jpg

ご褒美は、もちろん“イチゴ狩”
「とよのか」「あきひめ」「アスカルビー」の3品種を食べ比べましたよ。あま~い香りが充満しているハウスの中を「私が一番美味しいイチゴを見つけるんだ!!」と目を輝かせながら食べ歩き・・・品種によって酸味と甘味のバランスがずいぶんと違うことが分かりました。糖度計で糖度を調べてみると「とよのか」10度、「あきひめ」7.5度、「アスカルビー」8度でした。ちなみにジャムにするには「とよのか」のように酸味と甘味のバランスの良いのが適しているそうです。
070513i.jpg

お腹がイチゴで一杯になった後は、またまた農作業に挑戦!!早生たまねぎの収穫です。葉っぱが倒れて収穫適期になった玉ねぎを引き抜き、葉と根を切ります。イチゴの甘い香りが吹っ飛んでしまう玉ねぎ臭にも負けず頑張りました。
本日の締めくくりには、小林農園特産のトマトときゅうりのおやつ♪農作業の後のキュウリの丸かぶりなんて最高!!玉ねぎの糖度を計ってみるとナント8度もありました。イチゴに劣らない糖度があるから、早生玉ねぎは生で食べても美味しいんですね。

★FANクラブは参加者に楽しんでいただくことはもちろんですが、「科学」する面白さも知っていただきたいと思っています。糖度計を使って作物の糖度を測るのもそのひとつです。
糖度計での糖度の測り方は →こちら
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

リンク
プロフィール

あわじFANクラブ

Author:あわじFANクラブ
は、淡路島を愛し、もっともっとたくさんの方々に島に来てもらいたいと願う仲間が集まって結成したNPO法人です。

掲載写真の無断使用は厳にお断りします。

訪問者数
最近の記事
参加申込、問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ