FC2ブログ

上灘里山里海再生プロジェクト 現地作業をしました

12月7日、上灘里山里海再生プロジェクトの現地作業を実施しました。

畑田を含む上灘地区の山は、50年前まで炭焼き、薪の採取などが行われ、木々は適度な間隔、樹高が保たれ、地表に日光が差し込み、下草が繁茂していました。

しかしプロパンガスの普及などで炭や薪の利用が廃り、山に人手が入らなくなるとともに、木々は育つに任せられるようになり、密林のような状態となっていきます。

地表には日は当たらず、下草は生えなくなっていきます。そのため保水力が低下し、大雨が降ると表土を押し流し、山は荒れていきます。
流出した土は海に流れ込み、アマモなど海藻を覆い、磯焼けの原因となって生産力を低下させ、魚介類の減少を招きます。

また、下草がなくなると同時に、木々の樹高が高くなるため、鹿は新芽に口が届かなくなり、餌を求めて里に下りざるを得なくなります。

このようなことから、里山里海再生プロジェクトではかつてミカン山だった段々畑を3区画に分け、1つは樹木を伐採した状態に、1つは樹木を伐採し鹿などの食害を防ぐためネットで囲い、1つは現状のまま樹木が覆いかぶさった状態で、植生の変化を比較しようと計画しました。

IMGP4693a.jpg

7日の午前の作業は鹿、猪から防護するためのネット張りでした。

IMGP4684a.jpg

IMGP4689a.jpg

あっという間にネット張りは完了!
昼食の後、炭焼きの準備作業に。

IMGP4706a.jpg

エンジンチェーンソーでウバメガシを炭窯の寸法に切りそろえます。

IMGP4713a.jpg

炭窯に切ったウバメガシを詰めて、

IMGP4716a.jpg

土でしっかりと覆って今日の作業は終了。

IMGP4720a.jpg

上灘の地に50年ぶりの炭焼きの煙が立ち上る日は目前です。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

リンク
プロフィール

あわじFANクラブ

Author:あわじFANクラブ
は、淡路島を愛し、もっともっとたくさんの方々に島に来てもらいたいと願う仲間が集まって結成したNPO法人です。

掲載写真の無断使用は厳にお断りします。

訪問者数
最近の記事
参加申込、問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ