FC2ブログ

「鎌による稲刈り体験&古代米のおにぎり大会」開催報告

10月7日(土)秋晴れの下、淡路島で稲刈り体験!!
参加者は9家族でスタッフも入れ総勢31名。

9家族のうち、7家族が田植えにも参加された家族で
田植えの時にあんなにもグチャグチャな植え方になってしまった苗が
立派に育ち黄金の実をたわわに付けたことにまず感激
田植え機で植えたものと比べても全く劣りません。

田んぼを提供・管理してくださった農家の方から歓迎の挨拶。
s-稲刈り1


鎌を使うのは始めてという方が多いので、講師が丁寧にデモストレーション。
s-稲刈り4


いざ、田んぼに入ると、初めてでも大丈夫!
大人も子どももザックザックと独特の鎌の感触を体感するともう止められない・・・
s-稲刈り7


僕は一人でできるもん
s-稲刈り5


やっぱりお父さんと一緒がいいね
s-稲刈り6


ちっちゃな僕だってちゃんとお手伝いできたよ
s-稲刈り9


女の子は、泥んこでおにぎりを作っちゃいましたよ
s-稲刈り11


真っ赤な不思議なものが・・・
s-稲刈り8


これはジャンボタニシの卵・・・
田植えの後に大きな体で生まれてきて、苗に悪さをする厄介ものなんですよね

刈った稲は、即座にコンバインで脱穀しました。
刈り残した稲も、コンバインがアッという間に仕上げていきます。
s-稲刈り10


昔と比べると格段の農作業の軽減とスピード化です。
農家の高齢化や米価の国際競争を考えると致し方のないこと・・・
それをキチンと自分たちが体験し、目の当たりにすることで農業問題のことも理解してもらう・・・

今どき、鎌で稲刈りをする、それも全くの素人さんのイベント受け入れなんて
普通の農家さんの繁忙期の大変さかするととんでもないことなんです。
そんな中、快く受け入れてくださった農家さんに感謝です。

子どもたちが、いつまでも稲刈りを喜んでする姿を見て農家さんも励みになったよう。

自然たっぷりの田んぼの中で、親子で力を合せ作業をしたり、
友達と競うように稲刈りに没頭したり、
スタッフも参加者も心打ち解けて語り合ったり、
全てが農の恵みです!!
笑顔が田んぼイッパイに溢れて素晴らしい~~気持ちいい~~

体が楽しいと喜ぶ感覚を覚えていて欲しい。
感動を伴って共有した時間は、きっと心に残っていくものでしょう。

たっぷりと汗をかいたあとは、室内でおにぎり大会です。
新米に古代米を混ぜて戴きました

子どもたちの笑顔が最高です
s-稲刈り13


たっぷりの自然の中で農業のプチ体験。
もちろん虫さんやカエルくんとも遊んで、田んぼの恵みを満喫した一日となりました
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
リンク
プロフィール

あわじFANクラブ

Author:あわじFANクラブ
は、淡路島を愛し、もっともっとたくさんの方々に島に来てもらいたいと願う仲間が集まって結成したNPO法人です。

掲載写真の無断使用は厳にお断りします。

訪問者数
最近の記事
参加申込、問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ