「手打ちうどん教室」開催報告

本日、7グループ23名の参加で
夏休み恒例イベントである「手打ちうどん教室」を開催しました。

恒例といっても、それは主催者側の話であって
参加された方々は、手打ちうどんは初チャレンジだったのであります!

今回は、あわじFANクラブと淡路市国際交流協会と男女共同参画推進委員とのコラボ。
年齢層も国籍層も幅広いものとなりましたよ。

メインは家族参加で、お父さんも一緒に楽しみます。
s-うどん1


こちらのグループでは高校生が、頑張りました。
s-うどん2


フィリピンから来日しているお二人も仲良く参加。
s-うどん3


男女共同参画ということで、熟年男性の出番です!
s-うどん4


うどんの美味しさを大きく左右するのが、材料。
今日の小麦粉は、愛知県産の農林61号を使用。
讃岐うどんといえども、市販うどんのほとんどはオーストライア産ASW小麦が使われているんですよ・・・

塩水をつなぎにして、小麦粉のグルテン層を形成させることで粉が繊維のように絡まり合ってうどんになります。
手でこねた後は、足で15分程よ~く踏んでコシをつけます。

子どもさんが喜ぶ作業ですよ。
s-うどん10


よ~く、こねた後は30分程、生地をねかせます。

その間に、つけつゆの作り方を習いました。
しっかりと美味しいダシをとっておくこと肝心ですぞ。
市販のダシを使うことが多いのか、お母様方が熱心に聞いたのが印象的です。

今回は、趣向を変えて「国生み神話」のお話も聞きました。

南あわじ市観光ボランティアの山崎健祐さんが講師です。
s-うどん12

s-うどん11

普段は大人相手ですが、子どもさん向けにわかりやすくということで漫画を
わざわざ用意して、話してくださいました。
自分達の暮らしている淡路島が、
神様が一番最初につくった島だってことわかってくれたかな・・・


そうこうしている間に30分が過ぎて、いよいよ手打ちうどんの本番です!

講師の手本を見たあと、それぞれが綿棒を使って延ばしていきます。
s-うどん14


延ばした麺を切るのも、本格的な麺切り包丁を使って真剣そのもの。
s-うどん16


たっぷりのお湯で約15分茹であげ、冷水でもみ洗いすると出来上がり!!
s-うどん17


≪参加者の感想≫
★うどんに塩味がよくきいていて美味しかった。
☆初チャレンジでも讃岐うどんのような味になり満足。
★自分の作ったものだけではなく、他のグループのうどんも食べ比べができて面白かった。
☆普段忙しく毎日を送っているので、このようなスローフードのイベントに参加できて癒された。
★これからは家庭で美味しいダシを作ろうと思う。
☆太いのあり、細いのあり、きしめんのようなのありで楽しかった。
★子どもにとっては粘土遊びの延長のようで喜んでいました。
☆将来子どもができたら、一緒にうどん打ちをします。






スポンサーサイト

神秘的なウミホタルに感動!!

雷鳴とともに、土砂降りの雨が各地で降った昨日。
何とか持ち直した天候の中、「ウミホタル採集観察&星空観察会」を開催。

参加者は、11家族、総勢31名。
京阪神から3家族が、明石海峡大橋を渡って参加してくださいました!

明るいうちに講師から説明を聞き、採集容器を参加者が手作りします。
s-ウミホタル2‐3


ペットボトルにキリで穴を開けるのは、大人の役割ですね。
s-ウミホタル2‐2


海に沈めるために砂を重石に入れ、
捕獲の餌となる魚とスルメイカの切り身も入れ、
約5mの紐をくくりつけて準備万端。

ウミホタルは夜行性で
昼間は砂中に潜んでいるため、暗くなるまで待ちます。

親子で海を眺めながら夕暮れの一時を楽しむのも良いものです・・・
s-ウミホタル2‐4


7時半近くになると当たりはすっかり暗くなり、いよいよ採集開始です。
s-ウミホタル2‐9


海にペットボトルを投げ入れ、待つこと10分・・・

引き上げる紐からも、足元の砂浜からもウミホタルが、ワンサカ
s-ウミホタル2‐13


採集したペットボトルに氷を入れるとこんなに光りました
s-ウミホタル2‐12


刺激を与えると発光物質を放出するウミホタル。
その物質と酸素が反応して、神秘的な青紫色に輝くのです。

手のひらに乗せると、まるで宝石箱!
服につくと、まるで輝くブローチ!
砂浜を歩くと光の絨毯!


思いっきりウミホタルを観察したあとは、星空を眺めました。
s-ウミホタル2‐15


満天を覆っていた雲が切れ、
彦星、織姫が見え、
西空低くには土星も見えました。
みんなで土星の輪っかも大きな望遠鏡で見ることができましたよ!
深オレンジ色でぼんやりと見えた輪っかに大人も感動の瞬間でした

次回は9月15日にほぼ同じ内容で開催します。
現在参加者募集中!
前のブログ記事でご確認下さい。
リンク
プロフィール

あわじFANクラブ

Author:あわじFANクラブ
は、淡路島を愛し、もっともっとたくさんの方々に島に来てもらいたいと願う仲間が集まって結成したNPO法人です。

掲載写真の無断使用は厳にお断りします。

訪問者数
最近の記事
参加申込、問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ